イベント・発表会

2019年9月1日 コンペ打ち上げ

総勢32名が集まり、今年のコンペの修了式をいたしました。
後半は、本選受賞者のコンサート。
クオリティの高い演奏に囲まれ、とても幸せなひと時でした。

【 コンペ感想 ご紹介 】

小学2年生 A1級 本選奨励賞
「わたしは、初めてコンペに出ました。目標を本選で賞を取ることに決ました。
練習は、すごく大変でした。練習時間は長かったし、4曲同時にするのがむずかったです。本選の1回目の時、賞が取れなくて悔しかったです。だから、次の本選までの1週間、お母さんと一緒に特訓しました。だから、本選で奨励賞を取れた時、すごくうれしかったです。たくさん練習した成果が出てよかったです。」

小学2年生 B級 本選優秀賞
「わたしは、1人で練習するのをがんばりました。一人で考えて弾くのは大変だったけど、少しずつできるようになりました。これからも楽しくピアノを弾いていきたいです。」

小学4年生 連弾初級B 全国大会ベスト賞
「僕は、相手の音を聞くことをがんばりました。相手の音を聞きながら弾くと、きれいなハーモニーを奏でることができました。」

【 保護者の方の感想 】

小学1年生 A1級 予選通過

今回、コンペに初挑戦させていただきました。
始めた当初は、譜読みはもちろん、たった1小節進むのも難しく、まして4曲通して弾くなど、無理に近い状態でした。ある日、先生から,[今この状態だと参加は厳しいよね…、皆さんテンポをあげてきていますので…」との話を受け、「このままでは、同じ土俵にも上がれないのか…」と思い、連日猛練習をして、なんとかホール練習にこぎつけたことを思い出します。
親子喧嘩や、弾けなくて泣くことは常で、私も娘にどう伝え、練習していったらいいのか毎夜、夢に見たりもしました。練習方法は、経過とともに変わり、「量より質、できたら終わり」に決め、体力と集中力を切らさないように心がけました。
初めてのコンクールでわからないことも多く、大変でしたが、薫先生に熱心にご指導いただき、目標の「予選通過」を達成することができました。「とにかくやる」ということで、努力し、頑張ったことに結果もついてきたことで、娘は一回り成長したように感じました。
また、「家族のまとまり」という嬉しいことも付いてきました。普段、あまり興味を見せることの少ない主人が、休みの日には、時にはアドバイザー、時には観客になり、練習しやすい環境づくりにつとめ、共に頑張ってくれました。家族が一つの目標に向かって一丸となれたことは、何より嬉しいプラスアルファの収穫でした。
来年も更なる目標達成が出来るよう、地道に頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。
T.Y母

11月11日「秋の親子セミナー」を開催致しました。

「本当に子供に伝わる毎日の練習方法」というテーマで、海原崇史君のお父様に講演をしていただきました。レッスンを家に持ち帰った後、次のレッスンまでに、どう子供と向き合い直していくのか、子供への伝え方やその方法を学びました。

ご参加の皆さん、それぞれに気づきがあったようです。

詳しくはこちらでご覧ください。

 

 

 

 

 

ご参加された保護者の方の感想をご紹介いたします。

「先生に教わったことをそのまま子供に伝えることの大切さ、親が先生にならないこと、など反省いたしました」

「『子供に伝わるためにはどうすればよいか』の努力が足りなかったと思いました」

「子供に丁寧に向き合うこと」が根本にあると感じました。

「先生の言葉をビジュアル化して伝え、子供の良いところをうまく引き出す手段を考えていきたいです」

 PTNAコンペ打ち上げ&入賞者コンサート

9/2(日)ランチの時間を使って、コンペ打ち上げ会をいたしました。後半は、入賞者のお披露目演奏もあり、総勢32名とても楽しく過ごしました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 第10回あっとほーむコンサート開催

毎年この時期ですが、いつもほぼ全員が当日に参加できるのは奇跡!お母様の健康管理に毎年感謝しています。

子供の1年の大きさは、計り知れないものがあります。昨年、お辞儀をして弾くのがやっとだった生徒さんが、立派に弾きこなしていたり、中学生になった途端、大人の音楽の片鱗がみえたり…。いつも感動して、舞台袖でウルウルしてしまいます。

発表会が終われば、コンクール体制へシフトチェンジ。さぁ!今年も一緒にがんばりましょう!

2017年9月10日 秋のミニコンサート開催

「ディズニーやジブリを弾きたい」「お友達と合わせたい」など「やりたい声」を大切にしたいと始めた秋のコンサート。

今年もいろいろなバリエーションが飛び出しました。お友達のフルートとのセッション、おじいちゃまとのセッション、歌や、兄弟連弾などなど、みんなとっても楽しそうでした。

「音楽って楽しいね!」「ピアノをやっていてよかった!」という気持ちを再確認できた、とても楽しい一日でした。
ゲスト出演してくださった皆様、ありがとうございました♡

2017年2月11日 第9回あっとほーむコンサート開催


今年も、門下生の発表会を無事に終わることができました。

去年のDVD と聞き比べると、一人一人の成長の大きさを感じます。子供の成長はすごいですね!

「なんたって、人前で演奏するのが楽しい!」そう思ってくれる生徒さんが一人でも増えていったら、とても嬉しいです。

日々の練習が無くては、その自信は生まれないのですから♡!

 

保護者の皆様のご感想

発表会、コンクール…と節目の目標がその都度あり、よい刺激となっています。それぞれ、大変なのですが確実に力が伸びているのが分かり嬉しい限りです。(小2 Mちゃんママ)

家で練習したことを、コンクールや発表会など、大勢の前で弾ける機会にたくさん挑戦させていただけるので、すごく成長が早いと思います。皆さん、ピアノに真剣に取り組んでいる子たちばかりなので、いつも感動します。(小2 Hちゃんママ)

皆さんのレベルがとても高く感じました。2台ピアノや連弾など、いろいろな音が聞けて良かったです。(小1 Rちゃんママ)

毎日練習を頑張ってきたので、今日は緊張している感じでしたが、上手に弾けて良かったです。これからも毎日の練習を頑張りたいです。(小1 Yちゃんママ)

自分の中では、100点の演奏ができてよかったです(小6 H君)

弾きたい気持ちが強くなりました(小6 Aちゃん)

2016年9月4日 ミニコンサート開催

ミニコンサートが無事終わりました。

秋のミニコンサートは、「好きな人と、好きな曲を」をコンセプトに「音楽ってやっぱりいいよね、楽しいよね」が、再確認できるコンサートです。

今年も、ママとの連弾、兄弟合奏、お友達の合唱団、独唱などなど盛りだくさんで、とても楽しいひと時になりました。

アンサンブルでは、鉄琴、ピアニカ、打楽器を交え、「さざえさん」と「ねこふんじゃった」で大盛り上がり。

みんなの「楽しかった!」そのひとことで、また明日から頑張ろう!そんな気持ちが湧いてくるのです」

2016年2月6日 第8回 あっとほーむコンサート

今年も無事終了できました。ご協力いただきましたお父様、お母様をはじめ、応援してくださる大勢の皆様、ありがとうございました。

今年は、初めて2台ピアノにも挑戦、連弾とは違う迫力と豊かな音色を経験しました。

 

保護者の皆様のご感想

「ピアノは一人で頑張るものだと思っていたのですが教室の行事や、連弾、コンクールなどを通して仲間ができて、一緒に頑張ることで上達することが分かり、ありがたく思いました。 (1年生Mちゃんお母様)

「皆さん、とてもよく練習してきた成果が出ているのが分かりました。独特の緊張感も子供に取ってよい刺激になったようです。とても素敵な発表会で楽しかったです。」 (6年生D君お母様)

「子供たちの技術だけではなく、精神的にも成長を感じることができました。これからも、楽しく続けていければと思います。」 (4年生Mちゃんお母様)

「ピアノを通じて、何度も根気よく練習することや、頑張ったら上達することを学んでいっています。皆さんが、それぞれ一生懸命練習されてきたことが、よくわかる演奏会でよかったです。」 (年長Sちゃんお母様)

「1年間の努力を感じました。皆さん頑張っていてすごいな、と思います。我が子も2人とも頑張れたことを誉めてあげたいです」 (5年生Rちゃんお母様)

「練習の成果が出せました。何も弾けなかった子が、少しずつ弾けるようになってきて、とても嬉しいです。子どもにとっても、親にとってもとってもワクワク、少しドキドキ、親だけハラハラな体験ができ、すてきな一日でした。」 (年中さんAちゃんお母様)